・Adobe Illustrator 5.5/8/9/10/CS/CS2
 ・Adobe Photoshop 5.5/6/7/CS/CS2
 ・Adobe InDesign 1.x/2/CS/CS2
 
 ・フォントは埋め込、もしくはアウトライン
 
 ・Adobe Illustrator 5.5/8/9/10/CS/CS2
 ・Adobe Photoshop /5.5/6/7/CS/CS2
 ・Adobe InDesign 1.x/2/CS/CS2
 ・MS Office:Word 98
 ・MS Office:Excel 98
 ・MS Office:PowerPoint 98
 
 ・フォントは埋め込、もしくはアウトライン
 
 ・
Adobe PDF
Acrobat 6.0 Professional以降のバージョンで作成されたPDF/X-1準拠のデータ。
Adobeサイトにある以下のページを参考にして下さい。
PDF/X に準拠した印刷用 PDF 作成ガイド
 
注文から納品までの流れ
  • ※1 注文は注文用紙を下記よりダウンロード・記入してFAXしてください
  • ●注文用紙(PDF/JPEG)・見積書(PDF/JPEG)
  • ※2 ページ下の【HTTP入稿】にてデータをアップロードしてください。(ファイル容量:100MB以内)
  • ●ブログなどで写真をアップするのと同じ方法です。
  • ※3 下記メールアドレスより送ってください。(ファイル容量:10MB以内)
  • info@yamawaki-p.com にデータを添付の上、送ってください
  • ※4 下記のデータ宅配サービスがあります、お好みに応じてご使用ください。(ファイル容量:50MB〜100MB)
  • 【宅ふぁいる便】 (ファイル容量:50MB−無料会員:100MB)
  • 【データ便】 (ファイル容量:100MB−登録不要)
  • 【おくりん坊】 (ファイル容量:250MB−無料会員登録必要)
  • 【Postfile】 (ファイル容量:1GB−登録不要)
  • ※5 FTP入稿の方はご連絡ください。
  • info@yamawaki-p.com にて
入稿データ製作時の注意点
Illustratorについて
●イラストレータの保存形式はイラストレータEPSで保存して下さい。(画像配置している場合は、配置画像を含んで保存をチェックして下さい。)
●イラストレータの文字はアウトライン化して下さい。(当社に無いフォントが出力されません。)
●イラストレータでトンボを作成される場合は、必ずトリムマークで作成して下さい。(CMYK各100%で線のポイントは0.3ポイント。)
●画像を配置するときは、リンクボックスを必ずチェックして下さい。イラストレータ9.0Jからは埋め込み(リンクボックスにチェックをいれない)でも大丈夫です。
●塗り足し(ドブ)を必ず作成して下さい。
●オーバープリントの設定はしないで下さい。
●各塗りの色はCMYKで作成して下さい。(RGBで作られた場合は、指定通りの色で出力されません。)
●配置データも必ず添付して下さい。
●レイヤーは統合して下さい。
●ロックはすべて解除してください。
●ブラシやスタイル等の機能を使用した場合は明記ください。
●配置データはラスタライズではなく、リンクで配置して下さい。埋め込み(ラスタライズ)の場合、作業に時間がかかります。埋め込まれた画像の訂正は別途料金が必要です。
●データの用紙サイズを確認して下さい。

Illustrator9.02について
●コマンド+Aですべてを選択した後、属性パレット内にあるアウトプットを800に設定して下さい。バージョンダウンして8形式でも保存できますが不具合の原因になりますので、バージョン9形式で保存して下さい。
●コマンド+オプション+Pで書類設定をひらき、左上にあるプルダウンメニューで透明を選択します。次に下の方にあるプリント・データ書き出しのスライダーを一番右(高画質/低速)にして下さい。

Photoshopについて
●フォトショップの解像度は300〜350dpiで作成してください。
●モードをCMYKにして下さい。
●フォトショップの保存形式はtiffデータかEPSデータで保存して下さい。これ以外の保存形式では出力出来ません。
●フォトショップでRGBからCMYKに変換した画像は「情報」で必ず各ポイントを確認し、補正をして下さい。(データによっては、CMYKのバランスが変わることがあります。)

PDFはフォントを必ず埋め込んで下さい。
●ワード・エクセル・パワーポイントは環境によりフォントが変わる場合はあります。
●そのほかのアプリケーションについてはご相談下さい。